公開日:2022/12/29
最終更新日:2022/12/29

今のままで大丈夫?製造業で必須の工数管理とは?

製造業の工数管理

製造業は作業員の生産性がどれだけ高いかによって売上が左右されるため、工数管理が必須といわれています。
人手不足により、製造業では多くの作業員を確保できないという課題があり、1人あたりの生産性向上は非常に重要です。
実際に工数管理を行うことで、各工程でどれくらいの時間がかかっているのか可視化されるため、業務改善と生産性向上が期待できます。
本記事では、なぜ製造業で工数管理が必要といわれているのか、課題から失敗しないポイントまで詳しく解説していきます。

 

そもそも製造業で必要とされている工数管理とは?

工数管理といっても、タスクを管理するツールやガントチャートツールなど、さまざまなものが存在します。
その中で、製造業において必要とされている工数管理は、「生産にかかったコスト」を可視化できる原価管理を行うための工数管理となります。
製造業の場合、同じ製品を複数製造するので、1個あたりの商品単価が決まっている場合が多いかと思います。
そこから利益を算出するためには、「人件費」「経費」「材料費」を足して、製造するのにいくらかかっているかを割り出す必要があります。

しかし、経費や材料費は簡単に算出できますが、人件費だけは、「どの作業にどれだけの時間を費やしていたか」を把握できないと、正確に算出できません。
そのため、正しく原価管理を行うために、工数管理を導入することで各工程ごとにかかっている人件費を把握することが大切です。

 

製造業において工数管理が必須といわれる理由

製造業はいかに作業員が効率よく業務を行えるかが売上に直結するため、非常に重要です。
工数管理は、プロジェクトごとにチェックしていくもので、人手不足であればリソースの足りている場所から人員補充を行うといった対策を取れます。
さらに、工数管理で各工程の状況を可視化することで、現場の抱えている課題が明確になり、生産性向上に向けた改善をしやすくなります。
製造業における課題の解決や生産性を向上させるためにも、しっかりと工数管理を行いましょう。

 

製造業は生産性が売上に直結する

製造業では、1人の従業員が製造する「量」と「時間」を把握することで、何時間でどれくらいの生産量を確保できるか明確にできます
生産量が分かれば、過剰在庫にならないように生産ができ、従業員に余計な労力を与えてしまうといった問題は発生しません。

一般的に原価を計算する場合、人件費・経費・材料費を足して原価を算出しますが、従業員の生産性が低いと人件費が多くかかります。
さらに、人件費とは現場で作業している従業員の人件費だけでなく、プロジェクトに間接的に参加している事務員の人件費もかかってきます。
そのため、製造業における生産性は、現場だけでなく会社全体で可視化する必要があり、売上向上を目指すのであれば、工数管理は必須です。

 

生産性の向上が重要視されている

製造業においては、単に利益を出すだけではなく、1人あたりの生産性を向上させるために工数管理が導入されていることがあります。
背景としては、人手不足によって安定した生産体制を維持するのが難しく、従業員の生産性向上を目指し業務効率化を進めることが必要だからです。
また、工数管理により自分がどれくらいの働きができているか明確になり、会社から正しく評価されれば、従業員としてはモチベーションにつながります。
製造業では機械化が進んでいるものの、人による作業もまだまだあるので、従業員の工数管理は適切に行っていく必要があります。

 

現場の課題発見につながる

どの工程にどれだけの作業時間を費やしているかを明確にすることで、現場の問題点を解決しやすくなります。
工数管理をするにはいくつか手順が必要ですが、作成した工数表をもとに実際の工数をつけ、プロジェクトごとにかかっている時間を算出するのが流れです。
そして、想定よりも時間がかかっているのであれば、なぜ遅れがでているのかを従業員へ確認し、改善していきます。
また、工数表に日報欄もつけておけば、日々何が起こっているのか確認しやすくなるため、現場の声も取りこぼすことなく課題発見を行えます。

 

要チェック!製造業でよくある工数管理の課題

チェックボックス

実際に工数管理をしていても、入力が作業者の自己申告になっていた場合、正確性が取れていないと実際の工数とずれが生じてしまいます。
また、勤務時間と作業工数が一致しないこともあり、1日の労働時間がすべて工数に割り振られているかを確認することも大切です。
また、工数管理を手作業で行っていると分析に時間がかかり、入力が細かすぎると従業員に負担をかけやすくなるといった注意点もあります。
できるだけ工数管理を正確にすることが、生産性向上にもつながるため、ここからはどのような課題があるのかをご紹介していきます。

 

工数入力が作業者の自己申告制になっている

従業員による自己申告制の場合、入力が個人の感覚になってしまうので、実際の工数とズレが発生しやすくなります。
そのため、実際の工数の入力は従業員が行ったとしても、工数表の作成や分析するのは管理者が行うといった、工数入力のルールを設ける必要があります。
具体的には、それぞれの製造工程で工数の管理者を決めて、管理者が従業員に作業を割り振り、定められたルール通りに工数をつけます。
工数管理のルールに沿って作業・工数の入力ができれば、分析しやすくなり実際の工数とのズレも起こらないため、まずはルールの策定と管理者の選出を行いましょう。

 

勤務時間と作業工数が一致していない

実際の勤務時間と作業の工数が一致していないと、正しい原価管理が行えなくなり、せっかく工数管理を行っても効果が薄れてしまいます。
実際には8時間労働しているのに対して、入力した工数が6時間だった場合、1日で2時間もの差が発生することになります。
月間で20日労働したとすると、40時間の工数が不透明となり、労務費の計算をするときに正しい原価が算出できません。
そのため、不透明な業務を出さないよう、「雑務」という工数の項目を用意して勤務時間と作業時間が同じになるように工数を入力しましょう。

 

紙の工数入力で正しく集計・分析ができていない

工数管理は、あくまでかかった工数を分析して改善に役立てるものなので、正しく集計・分析ができていないと、工数をつけるデメリットの方が大きくなってしまいます。
紙での工数入力の場合、過去の記録を見返そうとしたときに検索に時間がかかるため、集計するのに手間がかかります。
さらに、グラフや表として分析する際には、入力された工数を手作業でエクセルに入力し、作成しなければなりません。
紙での記録だと、手軽に導入できるものの、工数管理を導入するメリットよりも、工数を入力する手間の方が大きくなってしまうため注意が必要です。

 

工数の入力が細かすぎて作業負荷がかかっている

工数の入力が細かすぎると、実際に入力する従業員の負担となってしまい、かえって工数管理そのものが工数の負荷になってしまいます。
そのため、新しく工数管理を取り入れる場合、従業員は慣れるまでに時間がかかるため、できるだけシンプルに管理する必要があります。
工数管理は売上につながるので、できるだけ細かく設定したくなると思いますが、大切なことは無駄を省いて効率化を上げることです。
作業効率が上がれば、従業員はほかのプロジェクトにも携われるようになるため、生産性向上を目指すなら、作業負荷のかからないような工数管理が重要です。

 

製造業での工数管理で失敗しないための3つのポイント

注意喚起するビジネスマン

製造業における工数管理では、従業員の生産性が重要となってくるので、工数をつけるメリットを従業員へ周知するようにしましょう。
そして、工数管理により作業負荷がかからないよう、シンプルかつ使いやすい工数管理を行うようにしなければなりません。
工数管理システムであれば、紙やエクセルに比べると、工数に特化した機能を搭載しているので、集計や分析だけでなく、従業員も簡単に入力できます。
従業員への作業負荷がなく、入力することのメリットを知ってもらえれば、より生産性向上を目指せるようになるでしょう。

 

工数をつけるメリットを従業員に周知する

工数の入力は、従業員にとっては負担でしかないので、正しい管理を行うためには「なんの目的があり工数を入力しているのか」を理解してもらう必要があります。
工数管理は、製造原価を把握し収益性を高める目的で行われるので、製造業にとっては経営課題ともいえる重要な作業です。
従業員にとってのメリットは、正しく工数を入力することで、管理者は生産性が高い人を評価しやすくなります。
また、会社の生産性が向上すればそれだけ従業員の昇給も期待できます。
工数管理は経営陣の視点からすると必須なのは一目瞭然ですが、従業員の視点から見ても重要です。
工数管理は従業員にとってもメリットでもあると理解してもらうことで、より正確な工数が把握しやすくなり、現場での不満も発生しにくくなるでしょう。

 

工数入力や分析の手間がかからないようにする

工数管理は、進行しているプロジェクトの稼働日には毎日入力し、定期的に分析を行うものなので、入力や分析に時間をかけない工夫が必要です。
もし、工数入力や分析に手間がかかってしまうと、プロジェクト業務以外に余計な工数がかかってしまうことになります。

工数管理を行う際の選択肢としては、工数管理システムの導入もしくはエクセルで管理を行う場合があります。
エクセルで工数管理を行った方が料金はかからないように思えますが、工数を入力・分析する手間や時間を考えると、人件費にコストがかかりがちです。
そのため、「工数管理で発生しているコスト」を計算すると、システムを導入した方が安価になることもあります。
工数管理を行う場合は、「工数管理を行うためにかかる作業負担」を考慮し、自社にとって手間のかからない方法で行うことをおすすめします。

 

勤務時間と作業工数を紐付けられるようにする

工数管理は、勤務時間と一致させることで正しい労務費の計算が行えるため、紐づけできればより精度を高く管理できます。
しかし、一般的な工数管理ツールだと、工数は入力できても、勤務時間の情報を取得できるものは少ないのが現状です。
そのため、勤務時間と作業工数を一致させたい場合は、勤怠管理システムと連携できる工数管理ツールの導入をおすすめします。
勤怠管理システムと連携していれば、どの作業にどれだけ時間を費やしたのか、1日の勤務時間からそれぞれに割り振ることが可能です。
従業員は退勤する際に工数管理を入力できるようになり、入力のし忘れも減らせるため、勤怠管理システムとの連携を検討してみてください。

弊社が提供しているOZO3工数は、勤怠と工数を一元管理できます。
1ユーザーあたりの月額は140円ですのでコストをかけずに効率的な工数管理が行えます。

 

工数管理ツールの料金体系と料金相場

働く従業員達

料金体系 料金相場
1ユーザーあたりの月額料金
(従量課金型)
500円~1,500円
ツールの月額料金
(月額固定型)
月額1万円~5万円

工数管理ツールの料金相場は、1ユーザーあたりの月額費用だと、500円~1,500円となり、平均すると1,000円前後のものが一般的です。
工数管理ツールといっても、タスク管理ツールやさまざまな進捗を横棒で表示し管理できるガントチャートツールなどもあり、機能によって費用は異なります。
ただし、製造業において重要な原価管理と、ガントチャート機能を備えたシステムであれば、料金相場としては1,000円前後のものが多いです。

また、月額固定型は毎月の支払い額が一定の料金プランのもので、管理したいプロジェクトの数や添付できるファイルの数によって料金が異なります。
月額1~5万円のため、従業員数が多いなら1ユーザーあたりの月額費用より、月額固定型の方が安い場合が多いでしょう。
一方、従業員数が100人前後の製造業で、必要最低限の工数管理機能しか使わないのであれば、1ユーザーごとの料金プランの方がお得なケースもあります。
使う機能や従業員数によって、おすすめのプランが異なるため、複数の工数管理ツールの見積を取ってみましょう。

 

繁忙期だけ派遣社員が増える場合はどうしたらいい?

製造業の場合、繁忙期のときだけ派遣を使って増員することがあり、1ユーザーあたりの料金プランだと工数管理ツールを使用できない場合があります。
工数管理ツールは、基本的に1人の作業者につき1アカウント必要となりますので、増員したらその分のアカウントを用意しなければなりません。
月額固定だと、アカウント数が無制限の場合が多いため、必要に応じてアカウントを発行するだけで対応可能です。
もし、1ユーザーあたりの月額料金を契約した場合、通常時は最小数のライセンスを契約しておき、繁忙期のときだけライセンス数を増やす必要があります。

一時的な増員による対処方法は、システムを提供している会社のサービスプランによって異なるので、システム販売会社に聞くことをおすすめします。
事前に、繁忙期に増員することが予想できる場合は、1ヶ月単位で人数調整できるのかどうかなど、自社にとって最適な料金体系のものを選びましょう。

 

まずは工数管理を見直すことから始めてみよう

製造業における工数管理は売上に直結するため、正しい工数の入力と従業員の協力が必要不可欠です。
まずは、工数管理の方法が正しく行えているか、従業員の負担となっていないか、見直すことから始めてみましょう。

弊社の提供するOZO3工数では、プロジェクトごとに作業時間を登録でき、従業員ごとの標準単価設定により、労務費の概算も把握できます。
勤務時間との整合性チェック機能も搭載しており、実際の労働時間と工数管理の時間が正しいかをシステムでチェックできます。
まずは資料請求いただき、実際に操作したい方向けには無料トライアルも提供させていただいていますので、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
The following two tabs change content below.

柏倉優

Webマーケティングの経験を経て、2021年6月に株式会社ITCSへ入社。 記事の企画・執筆・デザイン・アクセス解析まで幅広く担当。 皆さんに「それが知りたかった!」と思ってもらえるような情報を提供できるよう、日々勉強しています。

最新記事 by 柏倉優 (全て見る)